沖縄 キャバクラ「リゾートキャバクラ日記」

沖縄にリゾートバイトでやってきました☆リゾートバイトでキャバクラで働くことをリゾートキャバクラと言うそうです。略してリゾキャバ♪リゾキャバで働くことになったので沖縄キャバクラ奮闘記にしようと思います☆

2016年07月

頑張って毎日、書こうと思っているのですが、
どうしても1日空いてしまうというのが私の怠けくせですね。

で、今回はリゾートバイトで行くキャバクラ店舗選びデス!
なんと言っても私は検索しましたw単純に。
教えてーGoogle先生!デス。
 
私が検索したキーワードは「沖縄 キャバクラ リゾートバイト」です。
少し長ったらしいですが自分が探したい検索キーワード を全部盛り込んで
絞り込めるように検索しました。
とりあえず、私は上位表示されているお店と
あと最近はフロムエーにリゾートというカテゴリーができたみたいなので 
フロムエーも参考にしました。

なんとなく個人的にフロムエーから応募するのも癪にさわったので
検索結果で表示されたお店のホームページで求人ページがあり
尚且つ、LINEで対応してくれるところに2~3店舗送って返事が早かったのと
感じが悪くないところを選びました。

感じが悪かったところは
他にも応募者がいて返事が遅いと寮がなくなります。的なことを言ってきていて
求人に困っていないのか上から目線だったのでスルーしました。

普通の対応のお店に私はしました☆
どこの企業もそうだと思いますが、普通はホンネはどうあれ建前では
ご応募ありがとうございます。じゃないですか?
なぜならもしかしたらいつかはその人がお客さんになるかもしれないし
取引先になるかもしれない。
なので上から目線というのは商売上、損している以外なにものでもない。

そんな沈みかけたドロ船チックな考え方のお店はつぶれる可能性大なのでお勧めしません。

しかし夜の世界、特有なのか、オーナーはちゃんとしているのだろうと思いますが
務めている人は非常識、上から目線星人がまぁまぁいるので要注意。

次回は今回の続きで「どんなキャバクラがお勧めか?」デス 


那覇キャバクラ
http://nana.okinawa/ 

こんばんわ

今日はリゾートキャバクラってどんなところ?というお話しです。
もの凄く簡単に言ってしまうと
リゾートバイトでキャバクラで働くということです。
なので沖縄のキャバクラでリゾートバイトを募集しているお店で働くということですね。
もちろん地元採用のキャバ嬢もいますが
他県から来ている女のコも大勢います。

リゾートキャバクラのいいところは
航空券代をお店が負担してくれる!

一定の条件があります。
だいたいは2週間の勤務で片道航空券を支給してくれます。

往復航空券の支給が欲しい場合は1か月間勤務で支給してくれます。

ここで間違ってはいけないのが
勤務日数デス☆

2週間勤務なので滞在期間ではありません。
どこのキャバクラも同じなので滞在期間2週間と勘違いしないように注意しましょう☆
もちろん1か月間勤務も同じです。

沖縄に行く飛行機代はお店が出してくれるけど
住むところどうしようっていうことも心配ありません。
沖縄の普通のキャバクラでは寮を完備しているところは数少ないですが
リゾートバイトを募集しているキャバクラは寮があります!

なので、地元のコで実家を出たいコや
実家にいるからキャバクラで働けないという女のコもリゾートキャバクラは働ける場所を提供してくれます♪

リゾートキャバクラは至れり尽くせりです☆

こんなおいしい話はなにか裏があるんじゃないの?って思いますが
女のコがいないとキャバクラはオープンできないので
航空券代や寮を用意してもお店側は女のコを集めたいので
ギブ&テイク的な感じデス。

お給料も普通にリゾートバイトよりリゾートキャバクラのが断然、稼げて勤務時間は短いし
本当に遊んで稼ぐができます!

精神的に余裕がなかった私には天国みたいな労働環境デス!
観光スポットを回ったり海で遊んだり
本当に癒されてます!

次回はリゾートキャバクラのお店ってたくさんあるけど
どうやって選んだか?を書きたいと思います! 

那覇キャバクラ 

こんばんわ

この間はOLに疲れ、仕事とはなにか?なんのために働くのか?
人生に迷走しているときにインターネットで「リゾートキャバクラ」に出会ったというお話しでした。
リゾートキャバクラという職種はいったいなんのか?
初めてその単語を見たときは新種の生き物を発見したかのような気分でしたw

リゾートキャバクラの勤務地は 
「沖縄 那覇」「宮古島」「石垣島」「沖永良部」「八丈島」などなどいろいろありました。

その前にリゾートバイトのお話しをしますが
リゾートバイトで出てくるのはホテル業務が多かった気がします。
でも労働時間は長いし、ベッドメイキングや清掃と重労働が多いのと
朝から晩まで働いて安月給といった感じで
割に合わない仕事だなーと思ってました。
実際、リゾートキャバクラに流れてくる女のコもホテルでの重労働+安月給が嫌になって
流れてきていたので、ホテルのリゾートバイトに応募しなくて私はよかったなーと思っています。

リゾートキャバクラの勤務地ですが
私は沖縄の那覇を選びました。
理由はあんまり田舎だと私の性格上、生活するのが辛くなりそう・・・と思ったからです。
休みの日にそんなに外出する人種ではありませんが
飲みには行くお店はたくさんあって欲しいのである程度、都会の那覇にしました。
結果、那覇にしてよかったなーとは思っていますw

那覇から「宮古島」や「石垣島」「久米島」は飛行機で行くことができ
遠くても1時間程度でいけちゃいます。
少し長めのお休みをもらえば旅行で離島は行けちゃえるのが那覇の魅力です!

次回はリゾートキャバクラってどんなお店か?書いていきたいと思います。 

那覇キャバクラ
http://nana.okinawa/ 

私は東京でOLをして働いていました。
今年30歳の女です。
東京ではお局さまのOLとそりが合わず、ストレスがたまる日々を過ごしていました。
お局さまはもう新人ではない私には何の危害もありませんが
新人いびりがひどくて、私も泣かされたうちの1人です。

しかし、いじめられたからといってせっかく職についたのに
おめおめ辞めるわけにはいきません。
田舎から大学で上京してきた私はこれ以上、両親に負担をかけたくないと思っていたからです。
大学を出てから5年間は嫌な思いをしながらも働いてきましたが
病気になって1か月程、入院することになりました。

入院中に私は今まで一生懸命、いろいろなことを我慢して
結構ブラックな会社だったので
週6日働き、労働時間は12時間。
そんな状況で働いていたけど、一体なんのために働いてきたのだろうと・・・と
働くことに意味がわからなくなってしまいました。
一生懸命、働いた結果、貯金はできたかもしれないけど
何を得たのかと今の私にはわかりません。
年をとったら気づくなにかがあるのかもしれませんが
今は、働く意味がわからないので東京にいてこのまま働くことが辛くてたまりませんでした。
辛い日々を退院後も数か月すごし、
たまたまインターネットで見つけたリゾートバイトをクリックしてみたのです。

 那覇キャバクラ
http://nana.okinawa/ 

↑このページのトップヘ